利用しているときは、そのクレジットカードを持っているメリットを感じなかったにも関わらず、退会してみたら思いのほか不便になってしまった…。 このような状況に陥ると、よく調べもせずに安易な気持ちで退会してしまったことを大変後悔するものです。

では、一度解約してしまったクレジットカードを再度契約しようとした場合、何かしら不都合が生じることはあるのでしょうか? 今回は、クレジットカードの再入会について触れていきたいと思います。

基本的には新規入会と同様の審査が行われる

通常、一度解約したカードでも、再入会は可能です。 ただし、「再入会の場合は審査が簡略化される」といった仕組みはなく、新規の場合と同じ審査に通過する必要があります。つまり、申込者の信用力が以前より劣っていれば、再入会時の審査に落とされることも。 具体的には、消費者金融からの借金が増えていたり、転職したばかりで勤続年数が短い場合などですね。このような状況では、一度審査に通っていたカードでも、審査に落ちる可能性があるため注意が必要です。

退会後すぐには再入会できない場合もある

上で述べたように、一般的には、新規の場合と同様の審査を通過すれば再入会が可能ですが、なかには、解約後の一定期間は絶対に再入会を許さないようなカード会社もあります。 よく耳にするのはアメリカン・エキスプレス。アメックスは、「一度退会した会員は、最低一年間は再入会させない」といわれています。

これが、グリーンカード(一般カード)会員のみに適用されるものなのか、はたまたゴールドカードやブラックカード会員にも適用されるものなのかは定かではありませんが、アメックス会員の方はご注意ください。

再入会には解約前の利用状況も影響する

カード会社はクレジットカードを発行するためのコストを負担しています。ぱっと思いつくものだけでも、カードを作成する費用や梱包料、郵送費などが挙げられます。 これらの費用は、後々、カード会員がクレジットカードを利用することで得られる加盟店手数料から回収することになります。

しかし、会員が一度もクレジットカードを利用しないまま解約してしまえば、このコストは回収されることなく丸々赤字になってしまいます。ということは、カード会社はこのような会員を増やしたくないですよね。 つまり、カードを解約する前に、そのカードを一度も利用したことがなかった方は、再入会の申し込みに通らない確率が高いといえます。

再入会時には入会キャンペーンは適用されない

カード会社は自社のカード会員を増やすために、様々な入会キャンペーンを行っています。なかには、年会費が無料であるにもかかわらず、新規入会者に5,000円相当のポイントを付与するようなカードも。 こうなると、「入会⇒解約⇒入会…」を繰り返し、何度もキャンペーン特典を貰おうと考える方も出てきますが、それはカード会社も予め対策を取っていて、どのカード会社でも再入会時に特典が付与されることはありません。

それなら、「色々なカード会社に片っ端から申し込んで、それぞれの入会特典を貰おう!」となりますよね?しかし、これがうまくいくのは最初の数回だけ。 なぜなら、クレジットカードの審査・契約・解約の情報は信用情報機関に登録されるためです。

短期間で「入会⇒解約」を繰り返している方は、入会時の審査で信用情報を照会されたときに「入会特典狙いの常習犯」と認識され、審査に落とされるようになってしまうのです。 こうなると、これまで繰り返してきた「入会⇒解約」の情報が信用情報機関から消えるまでは、クレジットカードを作れなくなる可能性も。

この期間は実に「5年」。長期の延滞や自己破産などと同じ長さのペナルティを受けることになってしまいます。 くれぐれも安易にこのような特典狙いの入退会を行わないようにご注意ください。

メニュー