「クレジットカードの支払日をうっかり忘れていて引き落としができなかった…。」 または、「カード利用額は入金しておいたけど、他の引き落としの影響で残高不足になっていた…。」

クレジットカード支払いに遅延すると、カードの利用停止や強制解約、さらにCICJICCなどの信用情報機関への登録など、多大な悪影響を及ぼすこともあります。 このような状況に陥ってしまった場合、どう対処するのが最善なのでしょうか?

まずはカード会社に連絡

引き落としができなかったとわかった時点で、とにもかくにもまずはカード会社に連絡し、事情を説明してください。 その上で、手元にお金がある場合には、代金の振込先を教えてもらい、当日中に支払いを済ませてしまうのが一番です。

振り込む旨を伝えた時に、「いついつに再度引き落としをかけるので、それまでに口座に入金されてればOKです。」などと言われた場合はその指示に従って、際引き落とし日までに忘れずに入金しておいてください。

信用情報機関には登録されない?

引き落としができず、クレジットカードの利用代金の支払いに数日遅れたぐらいでは、信用情報機関に登録されることは100%ありません。信用情報機関に登録されるのは、「約定日から61日以上支払いが遅れた場合」です。 つまり、引き落とし日から約2ヶ月以上支払いが遅れると、「事故情報(異動)」として信用情報機関に登録されます。これがいわゆる「ブラックリストに載る」ということ。

なので、一度ぐらい引き落としができなかったからといって心配する必要はありませんが、これが複数回続くとカード会社の判断で利用停止や強制退会処分になることもあります。うっかりミスを繰り返さないように気を付けましょう。

支払うだけのお金がなかったら?

上で述べたように、クレジットカードの引き落としができなかったとしても、時間をおかずに支払いを行えば大した問題には発展しません。 では、そもそも支払うだけのお金が手元になかったらどうすればいいのでしょうか?

この場合も、クレジットカード会社に連絡をし、素直に状況を説明しましょう。次の給料日に支払うことができるならその旨を伝えれば、返済を待ってもらえます。

メニュー